年金分割

年金分割とは

近年、熟年離婚が増加傾向にある一方で、専業主婦や収入の低かった配偶者が離婚後に十分な年金給付を受けられないことが問題となっていました。

そこで、平成16年に創設されたのが年金分割の制度です。

年金分割は、年金額の算出基礎となる保険料納付実績を分割することで、婚姻期間中に一方の配偶者を支えた他方の配偶者の貢献を年金額に反映させようとする制度です。

分割の対象となるのは、公的年金のうち、いわゆる2階部分にあたる厚生年金保険や共済年金の保険料納付実績です。

したがって、国民年金(1階部分)、厚生年金基金及び国民年金基金(3階部分)は分割の対象とはなりません。

年金分割の種類

年金分割には、「合意分割」と「3号分割」の2つの制度があります。

合意分割

当事者間の合意により按分割合を決定し、その合意に基づいて分割の請求をします。

合意分割をすることができるのは、平成19年4月1日以降に離婚した場合で、請求期限(原則として離婚した日の翌日から起算して2年)が経過していないことが条件となります。

3号分割

国民年金の3号被保険者であった方からの請求により、2分の1の割合で分割ができます。

3号分割をすることのできるのは、平成20年5月1日以後に離婚した場合で、請求期限(原則、離婚した日の翌日から起算して2年)が経過していないことが条件となります。

また、3号分割の対象となるのは、平成20年4月1日以降に、国民年金の第3号保険者であった期間に限定されます。

年金分割の手続の流れ

合意分割の流れ

まずは、年金分割の話し合いをする前提として、当事者の年金額を把握する必要がありますので、年金事務所等に年金分割のための情報提供を請求し、「年金分割のための情報通知書」の交付を受けます。

次に、当事者間で按分割合について当事者間で協議のうえで決定し、公正証書等により決定事項についての書類を作成します。

作成した公正証書等の必要書類を添付して年金事務所にて分割の請求をします。

按分割合について当事者間で合意が成立しなかった場合には、家庭裁判所に調停または審判の申立てを行うことになります。

また、年金分割は離婚訴訟において附帯請求として申立てることができますが、年金分割のみを独立して訴訟を提起することはできません。

3号分割の流れ

3号分割は、離婚後に必要な書類を添付して、年金事務所に「標準報酬改定請求書」を提出する方法により、分割の請求をします。

弁護士に年金分割をお任せいただくメリット

弁護士に年金分割をお任せいただくと、次のようなメリットがあります。

1.適切な解決が望めます。

弁護士が法律や過去の判例に照らして適切な解決ができるように進めていきます。

法律や判例を知らないばかりに解決方法を間違えてしまった!・・・ということは絶対にありません。

2.社労士とのタッグでの協力サポート!

弁護士も年金制度について詳しいわけではありません。

High Fieldグループには社会保険労務士も所属していますので、弁護士と社会保険労務士が協力しながら、年金分割の手続をサポートします。

弁護士だけに任せるよりも有利な結果が期待できます。

3.相手方と話す必要がありません(弁護士が話します。)。

相手方と年金分割の話をするには相当なエネルギーが必要になります。

非常に大きな心理的ストレスを感じる場合も多いでしょう。

ご依頼いただいた場合には弁護士があなたに代わって交渉しますので、心理的ストレスは大幅に軽減されます。

詳しくは初回無料(1時間まで)の面接相談で

High Field法律事務所は、離婚に関するご相談を初回の1時間までは無料で承っております。

無料面接相談の中では、離婚問題解決のアドバイスのほか、ご依頼いただいた場合の料金についても詳しく説明させていただきます。

まずは、お気軽に無料面接相談をご利用ください。

無料面接相談は、事前に電話でのお申込みを

ご相談は完全予約制とさせていただいております。

初回無料の面接相談をご希望の方は、High Field法律事務所にお電話いただき、「離婚についての初回無料相談を利用したい。」とおっしゃってください。

受付担当者があなたのご都合をうかがい、無料相談の日時を決めさせていただきます。

相談から解決までの流れ
サービス内容と料金
弁護士とスタッフのご紹介
事務所の場所と交通手段

事務所写真